TOP
日本
Who we are
日本
Who we are

About trinamiX

trinamiX(トライナミクス)は、ドイツに本社を置く総合化学会社BASFの完全子会社です。2015年に設立され、多様な科学技術分野の専門性を身に付けた総計100人を超える開発チームを擁し、赤外線センシングに加え、3Dイメージングや測距技術におよぶ幅広い先進技術と製品ポートフォリオの開発を進めています。

  主要トピックス

プレスリリース(2020年9月16日)

BASF 子会社trinamiX、日本市場向けに赤外線センサーの販売ネットワーク を強化し、商業化を開始

Innovative Technology for the Perfect Cup of Coffee

“至福のコーヒー”を生み出す革新的技術

trinamiXは、コーヒー焙煎を扱うお客様に向けて、コーヒー豆のサプライチェーンや精製プロセスにおける品質管理を適切に行えるソリューションを提案します。

trinamiX Webinar - プラスチック選別 分光ソリューション

廃棄プラスチック問題を解決するための国際アライアンス「Alliance to End Plastic Waste (AEPW)」からメンバーをお招きし、trinamiXによるプラスチック選別の新しい技術ソリューションをWebinarで紹介します。

(画面右下の「設定」から日本語字幕の選択も可能です。)

trinamiX 近赤外分光ソリューションによる新しいアプリケーション:プラスチック選別を容易化

trinamiXは、プラスチック選別とリサイクルに関する、モバイル近赤外線(NIR)分光ソリューションを用いた新しいアプリケーションを開発しました。trinamiXの小型ポータブルデバイスに加え、データ解析技術とモバイルアプリが統合された独自のシステムを使用することにより、さまざまなプラスチックの組成を正確に特定し、区別することが可能となります。この技術により、リサイクルの推進とリサイクル効率の向上に寄与することが可能となり、環境とビジネスの双方への貢献を実現します。

PbS/PbSe 赤外線センサーHertzstück™の活用法

PbS/PbSe 赤外線センサーHertzstück™の特徴理解と、有効な活用法に関するホワイトペーパーを紹介します

NDIR式ガスセンサーの検出能力比較: PbSe vs サーモパイル・焦電センサー

代表的なガス成分に対する、各種赤外線受光素子ごとのセンシング能力の比較を紹介します。