日本

BASFのバイオマスバランス・アプローチ

生産工程に再生可能原料を使用する革新的手法

BASFのバイオマスバランス・アプローチは、統合生産システム内で再生可能原料の使用を可能にする手法で、BASF製品の多くに適用することができます。

バイオマスバランス・アプローチのメリット

  • 再生可能原料の使用を促進
  • 化石資源使用量を削減
  • 温室効果ガスの排出を低減
  • 独立機関による認証
  • 従来と変わらない製品品質および特性
  • お客様へのレディーメイドのソリューション

バイオマスバランス・アプローチでは、有機廃棄物や植物油由来のバイオナフサやバイオガスなどの再生可能原料が、化学品生産の第一段階で化石資源とともに使用されています。その後、認証された方法でバイオベースの量が算出され、特定製品に割り当てられます。

BASFはTÜV SÜD(テュフズード)社と共同で「バイオマスバランス・アプローチ」という革新的な手法を開発しました。この手法では、生産のフェアブントにおける化石資源由来の原料を、サステナビリティ認証済みの再生可能原料に置き換えています。該当する最終製品の調合や品質は、従来と変わりません。このプロセスでは、統合生産(生産のフェアブント)の第一段階で再生可能原料が使用されます。再生可能原料を使用したという付加価値が、新たな認証方法により特定の最終製品に割り当てられます。認証された製品は化石資源使用量削減や温室効果ガスの排出量低減に寄与し、持続可能な発展に貢献しています。  

BASFは使用する再生可能原料から最終製品に至るまで、一貫した原料管理システムを確立しています。BASFの製造拠点にて化石原料の代わりに使用された再生可能原料投入量とバイオマスバランス製品出荷量は厳密に管理され、独立機関によって認証されています(www.tuev-sued.de/rr-id)。

しかるべき独立機関によって認証されている高吸水性樹脂やディスパージョン、プラスチック、中間体など、このアプローチはBASFの多くの製品に適用されています。この手法によってバイオマスバランス製品は、処方や品質の点で従来製品と全く同じであるにもかかわらず、化石資源使用量の削減や、温室効果ガス排出の低減に貢献します。BASFはお客様の信頼に足る、従来と同等の製品性能と代替ソリューションによるメリットを提供しています。