TOP
2014/11/18
日本

BASF、「レッド・ドットアワード:コミュニケーションデザイン 2014 」受賞

(本資料は 2014 年11月10日にBASF本社(ドイツ)で発表されたプレスリリースの抄訳です。)
  • グローバルカラートレンドブック「Under the Radar」(アンダー・ザ・レーダー:まだ見えないシグナル)が受賞

BASF のコーティングス事業部が発行しているグローバルカラートレンドブック「 Under the Radar 」(アンダー・ザ・レーダー:まだ見えないシグナル)の優れたデザインが、代理店の Raum Mannheim とともに「レッド・ドットアワード:コミュニケーションデザイン 2014 」( Red Dot Award: Communication Design 2014 )を受賞しました。授賞式は 2014 年 10 月 24 日にベルリンで行われました。世界で最も権威のあるデザイン賞の一つである「レッド・ドット・デザイン賞」は、年に一度ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター により授与されます。

BASF は毎年、自動車業界の顧客向けにトレンドブックを発行しています。これには欧州、アジア太平洋および北米の最新の自動車のカラートレンドが記載され、 BASF のデザインチームがカラートレンドを見極めるために注視している社会的なトレンドや情勢についても集録されています。このカラートレンドブックは、自動車メーカーデザイナーに情報だけでなくインスピレーションも提供するツールとしての役割を果たしています。

また、このカラートレンドブックの特長的な点は、オリジナルに塗装されたカラーサンプルでカラートレンドを視覚化していることです。これによりカラーの魅力を実感でき、塗装の効果を顧客へ具体的に示すことができます。カラートレンドブックで鍵となる要素はカラー、質感、表面仕上げが織りなす相互作用です。また、 BASF における異文化への考慮と、特定の市場に向けて提案された塗色についてもクローズアップされています。カラートレンドに強い影響を与える要素が世界的なものであっても、カラーに落とし込む際に、それぞれの地域のブランド認知、市場開発や消費者行動に合わせる必要があるため、トレンドブックではグローバルおよび地域ごとのカラーテーマの両方が常に考慮されています。

今回の受賞はグローバルなデザイン業界において BASF ブランドをさらに強め、カラー開発における現状を正確に把握していることをあらわしています。このトレンドブックにより BASF は未来志向のデザイン・ソリューションやアプローチをさらに開拓していきます。

同デザインチームは 2012 年度版のトレンドブックでも同賞を受賞しており、顧客コミュニケーション部門で BASF コーティングス事業部が受賞したデザイン賞は今年の「レッド・ドット賞」で 4 つ目です。

 

BASF コーティングス事業本部について

BASF のコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、工業用塗料、建築用塗料、およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。 BASF は、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋に拠点があります。広範なネットワークを通じて、世界中のお客様と緊密に連携しています。 2013 年における BASF コーティングス事業部の世界の売上高は 29 億ユーロでした。 BASF コーティングスの詳細情報は www.basf-coatings.com (英語)、 www.basf.co.jp/coatings ( 日本語)をご覧ください。

BASF について

BASF (ビーエーエスエフ)は 2015 年、創立 150 周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。 BASF は、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、 BASF は科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。 BASF の製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。 BASF は「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2013 年の売上は約 740 億ユーロで、従業員数は約 11 万 2000 人です。 BASF の詳しい情報は、 www.basf.com(英語)、 newsroom.basf.com(英語)、 www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

P-14-398

レッドドットを受賞したデザインチーム

レッドドットを受賞したデザインチーム

受賞したカラートレンドブック

受賞したカラートレンドブック

Last Update 2014/11/18