TOP
Plant biotechnology research in the greenhouse, Research Triangl
日本
Who we are

私たちは化学でいい関係をつくります― 将来に向けたイノベーション

世界の人口が急増し、限られた資源、気候保護するための食料、エネルギー、きれいな水に対するニーズが高まっています。 これらすべての要因を調和させることは、現代における最大の課題です。化学におけるイノベーションは、新しいソリューションに確固として貢献するため、ここで重要な役割を担っています。

2018年研究関連情報

~11,000人

世界の研究開発部門の従業員

~20億2800万ユーロ

研究開発費

~70カ所

世界の研究開発拠点

~3,000

研究開発プロジェクト

~900

2018年の世界の新規特許

 

私たちは将来に向けて前向きです。あなたもそうであることを願っています!

バッテリー材料のイノベーションにより、電気自動車は、2025年にはわずか15分で充電できるようになるでしょう。車に充電しているこの15分間を、「あなた自身の充電」として、どのように使いますか? 6月より、フィルムコンクールの受賞者の独創的なアイデアをご覧いただけます。

研究

BASFでは、世界中で11,000人以上の従業員が化学産業のイノベーションに関する研究開発に従事しています。

イノベーション

BASFは世界で最も革新的な企業の1つです。イノベーションは私たちの源であり、原動力です。 私たちの製品とプロセスで、地球規模の課題に対する持続可能なソリューションを提供します。

Creative solutions and efficient research by interdisciplinary, diverse teams

イノベーションへの取り組み

BASFにとって、イノベーションは、厳しい市場環境下で成功するための鍵です。私たちの革新的な強みは、さまざまな専門分野に精通した優秀な従業員のグローバルチームにあります。

Research facts and figures 2017

~10,000

     employees in research and

      development worldwide

 

~70

      R&D locations worldwide

 

~80

     patents filed

~1,888 million

  expenditures in research and
    development in 2017

 

~3,000

                           R&D projects

 

 

 

Organic Synthetic Lab in Mumbai, India / Organic Synthetic Lab d

アジア太平洋地域における研究開発

アジア太平洋地域には、BASFの「先進材料&システムリサーチ」のグローバル本部のほか、作物保護、エレクトロニクス、バッテリー材料に重点を置いた主要な研究開発拠点があります。

メンデレーエフ周期律発見150周年

2019年は、ドミトリ・メンデレーエフが元素の周期律を発見してから150周年に当たります。「国際周期表年」を社会の皆さんと共にお祝いするにあたり、これまでそして現在、BASFにおいて特別な役割を果たす「元素」を紹介します。