TOP
Digitalisierung in der Forschung
日本
Who we are
日本
Who we are

私たちは化学でいい関係をつくります。

将来に向けたイノベーション

Optimism is what drives all human beings. At BASF, this motivates us every day to develop solutions for the greatest challenges of our time – so we can better protect the climate, make optimal use of limited resources and provide food, energy and clean water for a booming world population.

Innovation                

What we do           

How we do it         

      Innovate with us    

 

Innovations made BASF the leading chemical company. Today our customers and the whole society are more than ever looking for innovative solutions. We all need answers for problems like climate change, scarcity of resources and marine littering. As the most innovative chemical company we take a special responsibility here, because innovations based on chemistry are key to those answers.

   

With our Carbon Management Program we set a benchmark in achieving the climate protection targets, with our  ChemCycling approach we aim towards a circular economy. We also co-founded the Alliance to End Plastic Waste, a global effort to end plastic waste in the environment. This is how we understand our corporate purpose – "We create chemistry for a sustainable future". 

Martin Brudermüller
Chairman of the Board of Executive Directors of BASF SE and Chief Technology Officer (CTO)

Our innovative power 

                              … is based on efficient research and development. We build on our Know-How Verbund: the great creativity, the specific skills and the broad knowledge of our networks. It is all about developing solutions together … 

for a sustainable future
  

オプティミズムー前向きな姿勢は、あらゆる人々を動かします。 BASFでは、これが日々の課題に対するソリューションを開発する意欲となっています。だからこそ、私たちは、より一層の気候保全を行い、限られた資源を最適に活用し、増加する世界人口のために、食料、エネルギー、きれいな水を提供することができるのです。

2018年研究関連情報

~11,000人

世界の研究開発部門の従業員

~20億2800万ユーロ

 研究開発費

~70カ所

世界の研究開発拠点

~3,000件

研究開発プロジェクト

~900件

2018年の世界の新規特許

 

Patent Asset Index™の首位に立つBASF

私たちの特許件数と質は、イノベーションと長期的な競争力を証明しています。2018年には世界で約900件の新しい特許を取得し、業界全体の特許ポートフォリオを評価する手法Patent Asset Indexおいて、再び首位に立ちました。

 

Patent Asset Index™とは

.特許ポートフォリオのPatent Asset Indexは、ポートフォリオに含まれるすべての特許の総合力として定義されます。 個々の特許の強さはCompetitive Impact™によって測定されます。 Competitive Impact™は、2つの指標で構成されます:Technology Relevance™とMarket Coverage™です。

脚光を浴びるイノベーション

バッテリー材料

バッテリー材料のイノベーションにより、2025年には、電気自動車はわずか15分で充電されようになります。バッテリー材料におけるBASFのイノベーションは、若手映像制作者にインスピレーションを与えています。

赤外線センサー 

「 Hertzstück™」

PbS/PbSe 近赤外センサー・センサーアレイ・センサーモジュール製品。最高水準の検出能力に加え、独自の薄膜封止技術による長期信頼性と高耐久性を実現しています。

スーパーコンピューター「Quriosity」

毎秒1.75ペタフロップスの計算処理能力を備えたBASFのスーパーコンピューター「Quriosity」を知ろう。

Facts and figures 2019

~11,000

employees in research and development (R&D) worldwide

> 2 billion €

 expenses for R&D

~70

R&D locations worldwide

~1,000

new patents worldwide in 2019

Among leading companies in Patent Asset Index

The number and quality of our patents also attest to our power of innovation and long-term competitiveness. In 2019, we filed around 1,000 new patents worldwide. We once again ranked among the leading companies in the Patent Asset Index, a method that compares patent portfolios industry-wide. 

Patent Asset Index™

The Patent Asset Index™ is calculated using the factors portfolio size and competitive impact. The competitive impact is determined by its technology relevance and market coverage.

Research facts and figures 2017

~10,000

     employees in research and

      development worldwide

 

~70

      R&D locations worldwide

 

~80

     patents filed

~1,888 million

  expenditures in research and
    development in 2017

 

~3,000

                           R&D projects

 

 

 

Organic Synthetic Lab in Mumbai, India / Organic Synthetic Lab d

アジア太平洋地域における研究開発

アジア太平洋地域には、BASFの「先進材料&システムリサーチ」のグローバル本部のほか、作物保護、エレクトロニクス、バッテリー材料に重点を置いた主要な研究開発拠点があります。