2015/08/21
日本

Joint Press Release

(本資料は 2015 年7月10日に BASF本社(ドイツ)とPoietis社(フランス)が共同発表したプレスリリースの和訳です。)

  • スキンケア向け化粧品有効成分の開発と試験をサポート
  • 専門知識を統合し、三次元皮膚モデル技術を強化

BASF (本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)と世界初の 3D レーザーアシスト・バイオプリンティング企業 Poietis (本社:フランス ペサック) は、 2015 年 7 月 10 日、化粧品分野における研究開発契約を締結しました。 今回の提携では、組織工学およびバイオプリンティングにおける両社の専門知識を組み合わせ、 Poietis のバイオプリンティング技術を使用して、 BASF の皮膚等価モデルである M imeskin™ の精度向上を目指します。

3D レーザーアシスト・バイオプリンティングは生体組織を再現できる技術であり、皮膚細胞の正確な配置を三次元構造で再現します。この技術により、 BASF の皮膚等価モデル M imeski n™ はヒト皮膚の生体組織に最も近い状態で細胞を培養できます。 Poietis の創業者兼社長の Dr. ファビエン・ギーモ氏は次のように述べています。「今回の提携は我々にとって非常に喜ばしいものです。 BASF はスキンケア化粧品市場のソリューションに関する専門知識を長年蓄積してきており、従来の細胞培養技術や、他のバイオプリンティング手法と比較した、 3D レーザーアシスト・バイオプリンティングの利点を理解しています。 また今回の提携は、バイオプリントによる組織モデルが、化粧品や皮膚薬剤研究分野における動物試験の代替となることも期待しています。」

Poietis のバイオプリンティング技術は、プリンティングにおける高度な解像度により、 BASF の皮膚等価モデル M im eskin™ の精度を向上します。レーザーアシスト・バイオプリンティング技術は、まずは M im eskin™ の再現をオートメーション化することに用いられ、その後、様々な種類の細胞を含む、より高度なモデルでも使用される予定です。 BASF で組織工学開発を担当する Dr. セバスチアン・カドーは次のように述べています。 「細胞パターン形成という点で、レーザーアシスト技術は、他のバイオプリンティング手法よりも高い解像度を提供します。 Poietis との提携により、 BASF はスキンケア化粧品向け高機能有効成分の開発と試験に必要な皮膚メカニズムの理解を深めることで、戦略的優位性を確保できるようになると考えます。」


BASF について
BASF (ビーエーエスエフ)は 2015 年、創立 150 周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。 BASF は、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、 BASF は科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。 BASF の製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。 BASF は「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2014 年の売上は約 740 億ユーロで、従業員数は約 11 万 3000 人です。 www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。


Poietis について
Poietis は、創業者が Aquitaine Regional Incubator で 2 年にわたるプロジェクトに携わり、 French National Competition for Creation of Innovative Technology Companies ( 革新的技術をもつ企業創成助成コンクール ) で優勝した後、 2014 年 9 月に設立されました。 Poietis は、生物組織の設計、開発、製造を行うための革新的な 3D レーザーアシスト・バイオプリンティング技術の開発、利用に際し、フランス国立保健医学研究機構( INSERM )およびボルドー大学で行われている研究から恩恵を受けています。この革新的技術は 3D プリンティングの原理を用いており、あらかじめ 3D デジタル設計された構成法に従って、生物組織の構成要素を層ごとに組み立てていきます。この技術を独占的に使用することで、 Poietis は、従来の細胞培養法や組織工学で用いられている方法で得られる組織より、複雑で安定した、カスタマイズ可能な組織を製造することができます。 Poietis に関する詳細は、 www.poietis.com をご覧ください。

P-15-281

2015_08_21_BASF_and_Poietis_JP.pdf

2015_08_21_BASF_and_Poietis_JP.pdf

レーザーアシスト・バイオプリンター

レーザーアシスト・バイオプリンター

Last Update 2015/07/10