2015/09/29
日本

BASFのUltradur®、世界有数のパワー半導体メーカー・セミクロン社のパワー半導体モジュールに採用

(本資料は 2015年9月16日にBASF本社(ドイツ)で発表されたプレスリリースの和訳です。)

  • BASF の安定性の高い PBT に、パワーエレクトロニクスの分野で新たな用途
  • BASF とセミクロン社が用途開発で緊密に協力

BASF の難燃ポリブチレン・テレフタレート( PBT )である Ultradur® (ウルトラデュアー) B4450 G5 (ハロゲンフリー)が、 2015 年初頭から、世界有数のパワー半導体メーカー、セミクロン社の MiniSKiiP Dual パワー半導体モジュールの大量生産に採用されています。パワー半導体モジュール(あるいは DC/AC コンバーター)は、工業用ドライブ技術、ソーラーインバーター、電気自動車のパワートレインなどに利用されています。高まった熱は金属製のヒートシンクによってパワー半導体モジュールから分散されます。これが温度の上昇を防ぎ、最適な作動温度を保持するのに役立ちます。熱可塑性の Ultradur® を使用したハウジングは、こうしたパワー半導体を湿気、ほこり、温度の変動などの外的影響から守ります。

Ultradur® は 1.5mm 厚で燃焼性 UL 94 規格の V-0 等級に分類されています。また、優れた温度性能( RTI = 140 ℃ )を有していることから、大量の発熱にさらされる電気パワーモジュールにおける使用に適しています。この熱可塑性樹脂は優れた機械的特性を持ち合わせており、淡い色味に調色することも可能です。 600 という CTI 値を誇る Ultradur® は、非常に優れた電気絶縁性能を持っているため、最も適切な選択肢と言えるでしょう。そのため、 MiniSKiiP Dual のように小型で細かいコンポーネントにおいても、自由な設計を可能にします。 Ultradur® B4450 G5 はガラス繊維を 25% 配合して強化されており、コンポーネントにさらなる安定性を提供します。

セミクロン社の新技術材料の専門家である Dr.-Ing. Jörn Grossmann 氏は、試験段階で採用された手法の説明に際し、「用途開発およびシミュレーションにおける BASF の積極的な協力と専門的なサポートのおかげで、非常に安定性が高く、ガラス繊維で強化されている材料にしては 摩耗の少ないコンポーネントを製造することができました」と述べています。 セミクロン社は現在、 Ultradur® B4450 G5 の別の使用法を模索しています。

Ultradurr® B4450 G5 は、電食の防止に非常に効果的です。設置されている金属との接触の影響は、高湿・高温の環境下でも最小限に抑えられます。つまり、ショートや、それによるダメージを防ぐことができます。これまで、セミクロン社と BASF は電食の特性を明らかにする分野で協力し、成功を収めてきました。その結果、 BASF の熱可塑性樹脂の電食耐性の試験に用いることができる、新たな試験法にたどり着きました。

 

セミクロン社について

セミクロン社は、主に中間レンジの出力(約 2 kW から 10 MW )のパワーモジュールとシステムで、世界有数のトップメーカーとして活躍しています。セミクロンの製品は、最新の高エネルギー効率モータードライブ や、産業用オートメーションシステムの心臓部に使用されています。その他の用途領域として、電源、再生可能エネルギー(風力、太陽光)や実用車があります。セミクロンの革新的なパワーエレクトロニクス製品は、より小型でエネルギー効率に優れたシステムの開発を可能にします。結果としてそれは全世界のエネルギー消費の低減につながります。セミクロンは 1951 年に創立された同族会社であり、ドイツのニュルンベルク市に本拠地があります。現在、全世界の 30 の子会社に 2,800 人以上の各類従業員を抱えています。

 

BASF のパフォーマンスマテリアルズ事業部について

BASF のパフォーマンスマテリアルズ事業本部は、材料のノウハウを一つに融合し、革新的でカスタマイズされたプラスチック関連製品とサービスを提供します。本事業部はトランスポーテーション、建築・建設、インダストリアルアプリケーション、消費財という 4 つの主要産業部門で世界的に事業を展開しており、強力な製品・サービスポートフォリオを備え、アプリケーション志向のシステムソリューションを深く理解しています。収益性と成長を促進させている主な要素は、お客様との緊密な連携と、明確なソリューション重視の姿勢です。研究開発の点でも高い能力を有しており、それが革新的な製品やアプリケーションを開発する基盤となっています。 2014 年、パフォーマンスマテリアルズ事業本部は、 65 億ユーロという世界売上高を達成しました。詳細に関しては、 www.performance-materials.basf.com をご覧ください。

 

BASF について
BASF (ビーエーエスエフ)は 2015 年、創立 150 周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。 BASF は、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、 BASF は科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。 BASF の製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。 BASF は「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2014 年の売上は約 740 億ユーロで、従業員数は約 11 万 3000 人です。 www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

P-15-337

BASFのUltradur®、セミクロン社のパワー半導体モジュールに採用

BASFのUltradur®、セミクロン社のパワー半導体モジュールに採用

Last Update 2015/09/29