2015/09/18
日本

Basotect® が高速エレベーターの騒音低減に貢献

(本資料は 2015 年9月17日にBASF本社(ドイツ)で発表されたプレスリリースの和訳です。)

  • 独・テ ィ ッセンクルップ エレベーター 社、米・ National Elevator Cab and Door との共同事業で使用する素材に Basotect® (バソテクト)を採用
  • Basotect® は高吸音性、高耐熱性を組み合わせた非繊維の高性能素材
  • エレベーターのかご室内の騒音レベルは 50dB 未満

BASF (本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)の メラミン樹脂発泡品 Basotect® (バソテクト)は、自動車や建築の内装材料に用いることができる軽量な吸音素材として広く知られています。今回、アプリケーションの幅を広げ、エレベーターの吸音対策に採用されました。独・ティッセンクルップエレベーター社( ThyssenKrupp Elevator )および、アメリカの National Elevator Cab and Door 社とのプロジェクトにおいて、ニューヨーク市の高層ビルに設置されたエレベーターのかご室の騒音レベルを低減するため、メラミン樹脂発泡品 Basotect® が使用されました。エレベーターが非常に高速(最大時速 37 キロ)であるにもかかわらず、かご室内の騒音レベルは 50dB 未満と、 2 人の人間が会話するよりも静かなレベルに抑えられています。

ティッセンクルップエレベーターのリージョナル・バイスプレジデント、ジョセフ・ブラマン氏は次のように述べています。「現代のエレベーター建設における要件、特に高層ビルの要件はますます厳格になっています。エレベーターは高速であると同時に、乗る人にとって快適で静かなものでなければなりません。」

このような高層ビル用超高速エレベーターを実際に建設する前に、 National Elevator 社は、レクティセルグループ( Recticel )の子会社であり、断熱・吸音ソリューションのトップサプライヤーであるサウンドコート社( Soundcoat )および吸音コンサルタントのフランク・カーシュナー氏と協力して建設した実物大のモックアップエレベーターを使用し、 Basotect® の徹底的な検証を行いました。

Basotect ® はオープンセル・繊細気泡構造であることから吸音率が非常に優れており、吸音性に関する要件を満たしただけでなく、他の設計基準も満たしました。また、 AST E84 の火炎速度および煙濃度に関する試験でも Class A を達成しています。さらに、かご室が動いている時に大きな気流にさらされても、繊維や小片が剥がれ落ちることはありません。稼働開始から停止までの運用時のエネルギー要件を低減させるためには、かご室を可能な限り軽量にすることが非常に重要でした。 Basotect ® は密度がわずか 9kg/m³ であるため、この要件も満たすことができました。

吸音コンサルタントのフランク・カーシュナー氏は、次のように述べています。「 Basotect ® は吸音性、軽量性、難燃性に優れていることから、列車や航空機など、他のタイプの輸送手段にも広く使用されています。エレベーターは単純に垂直移動の手段ですから、採用は当然の選択でした。」

サウンドコートのセールス&マーケティング担当バイスプレジデントのチップ・モロー氏は、次のように述べています。「サウンドコートは今回のプロジェクトに参加できて大変嬉しく思っています。吸音性という点に力を入れている製造業者として、ティッセンクルップエレベーターと National Elevator が抱えていた問題は、当社にとっても身近なものでした。当社は吸音性能をテストする実験室と生産機能を、同じ施設内に有しているため、設計を迅速にテストし、最適化することができ、今回のプロジェクトでは、これが高く評価されました。」

National Elevator のエグゼクティブ・バイスプレジデントであるジェフ・フリードマン氏は、次のように述べています。「これこそ本物の共同作業の成果です。フランク・カーシュナー氏とサウンドコートと協業することで、 National Elevator とティッセンクルップエレベーターは吸音性能という点で厳しい目標を達成できるソリューションを見つけることができました。 Basotect ® は必要に応じた性能を発揮しただけではありません。発泡品は非常に限られたスペースに収める必要があるため、その軽量性、柔軟性、そして耐久性も設置業者にとっては非常に望ましいものでした。」

 

 

Basotect® について

Basotect® 発泡体には、独自のさまざまな特性があります。素原料メラミン樹脂により、難燃性と研磨性に優れ、最大 240°C の環境で使用でき、広範囲の温度域で安定した特性を保持します。またオープンセルの気泡構造により、軽量で吸音性に優れているほか、低温柔軟性および断熱性も実現しています。

Basotect® は BASF SE の登録商標です。

www.basotect.com

 

BASF のパフォーマンスマテリアルズ事業部について

BASF のパフォーマンスマテリアルズ事業本部は、材料のノウハウを一つに融合し、革新的でカスタマイズされたプラスチック関連製品とサービスを提供します。本事業部はトランスポーテーション、建築・建設、インダストリアルアプリケーション、消費財という 4 つの主要産業部門で世界的に事業を展開しており、強力な製品・サービスポートフォリオを備え、アプリケーション志向のシステムソリューションを深く理解しています。収益性と成長を促進させている主な要素は、お客様との緊密な連携と、明確なソリューション重視の姿勢です。研究開発の点でも高い能力を有しており、それが革新的な製品やアプリケーションを開発する基盤となっています。 2014 年、パフォーマンスマテリアルズ事業本部は、 65 億ユーロという世界売上高を達成しました。

詳細に関しては、 www.performance-materials.basf.com をご覧ください。

 

BASF について
BASF (ビーエーエスエフ)は 2015 年、創立 150 周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。 BASF は、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、 BASF は科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。 BASF の製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。 BASF は「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2014 年の売上は約 740 億ユーロで、従業員数は約 11 万 3000 人です。 www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

P-15-340

Basotect® が高速エレベーターの騒音低減に貢献

Basotect® が高速エレベーターの騒音低減に貢献

Last Update 2015/09/18