2016/01/29
日本

BASF、モロッコでのアルガンプログラム開始から10周年

(本資料は 2016年1月12 日にBASF本社(ドイツ)で発表されたプレスリリースの和訳です。)

  • アルガンプログラムとは:アルガンオイルの持続可能な生産を支えるモロッコでのBASFの取り組み
  • 持続可能な形で生産されたアルガンオイルとその副産物は2005年からフェアトレードでBASFに提供
  • Argassential™(アルガセンシャル):アルガン果肉から抽出された皮膚にふっくらとした立体感を与えるアンチエイジング効果を持つBASFの新規有効成分

BASFは、南モロッコでアルガンオイル*の持続可能な生産を支えるアルガンプログラムを展開しています。2015年には、そのプログラムを通じて提供されたオイルとその副産物を使用した3つの化粧品原料の商品化から10周年を迎えました。アルガンプログラムはアルガンの木を研究することで、オイルのみならず、今まで化粧品用途に使用されていなかったその副産物の価値を見出し、同時にオイル生産協同組合の収入を多様化し、地元住民によるアルガンの森の保全を促進させることを目的としています。さらに、2016年になって、新規有効成分であるArgassential™(アルガセンシャル)の発売を開始しました。

2005年に商品化された化粧品原料は、フェアトレード認証オーガニックアルガンオイル「Lipofructyl™ Argan」(リポフラクチル アルガン)、皮膚引き締め効果を持つ、オイルケーキ(残りかす)からのタンパク質エキス「Argatensyl™」(アルガテンシル)、そして環境要因から皮膚を守り、アンチエイジング効果を持つ、アルガンの葉のエキス「Arganyl™」(アルガニル)のアルガン製品シリーズです。

皮膚のハリを改善するArgassential™

新規原料であるアンチエイジング効果を持つ有効成分Argassential™(アルガセンシャル)は、皮膚のハリを改善し、唇と頬のボリュームを増し、顔の比率を回復させます。Argassential™は、臨床研究では濃度2%で唇をふっくらさせる効果をもたらし、唇のボリュームを8%増加させることが証明されました。また同じ濃度で、皮膚のハリ・弾力ともにプラセボに比べ大幅に改善しました(どちらも13%増)。Argassential™はECOCERT、COSMOS、IECICの認証を受けており、中国の基準にも準拠しています。

アルガンプログラム : タルガニンとの連携

BASFはアガディールにある6つのオイル生産協同組合で構成される経済的利益集団であるタルガニンと提携を結び、2005年に最初の製品を商品化しました。それ以来、サステナビリティの点で大幅な改善を実現してきました。BASFの研究開発担当マネージャーであるCharlotte d’Erceville Dumondは次のように述べています。「私たちは、このプログラムの成果を非常に嬉しく思っています。地元のパートナーたちも、より高いレベルの自立性と社会的責任感を着実に身につけてきました。彼らは現在、高品質のアルガンオイルを供給しています。そのおかげで私たちは、再生可能資源由来の製品を今まで以上に求めるようになっているお客様のために、最良の成分を開発することができます。」

大幅な経済発展と社会的利益

2005年から2015年の間に、アルガンオイル生産に従事する協同組合員数は6倍になり、グループの取引高は875%増加しました。今では農村地域の約1,000人の女性がこの協同組合で働いています。現在はアルガン副産物、植物オイルおよびエッセンシャルオイル、ミツバチ製品など、合計16の製品が協同組合により市販されています。オイルおよび、その副産物はフェアトレードでBASFに供給されています。その条件とは、交渉を伴わないプレミアム価格での取引、前払い、オイルへのプレミアム(奨励金)、長期的な取引などです。オイルケーキおよび果肉に支払われた価格の50%は協同組合の社会基金に割り当てられ、現在までに識字プログラムや健康関連の施策などの取り組みに使われています。

タルガニンのオペレーショナルエクセレンスに向けて

現在、タルガニンはオペレーショナルエクセレンスへ向けて着実に進んでいます。ガイドラインや認証制度の設置、および品質管理専従の従業員の配置などを含む品質管理プログラムが実施され、2012年以降不適合品は発生していません。 また、手順が標準化され、果実資源から顧客までの流れを追跡し改善する特別なソフトウェアが用いられています。

*モロッコ固有の樹木であるアルガンの木になる果実の仁(種子の中身)から抽出されるオイル

 

BASFのケア・ケミカルズ事業部について

BASFのケア・ケミカルズ部門は、衛生関連、パーソナルケア、ホームケア、業界用洗浄関連などの業界向け製品や技術アプリケーションなどにおける幅広い原料を提供しています。BASFは、化粧品業界、洗剤およびクリーニング業界におけるリーディングサプライヤーであり、お客様に革新的かつ持続可能な製品、ソリューションおよびコンセプトを提供しています。高品質な製品のポートフォリオには、界面活性剤、乳化剤、ポリマー、油性剤 、キレート剤、化粧品有効成分、顔料および紫外線吸収剤などがあります 。また、衛生関連用途におけるあらゆる分野での要求を満たすために開発された高吸水性樹脂も扱っています。ケア・ケミカルズ部門は世界各国に生産拠点および開発拠点を有し 、特に新興成長市場にて事業 を拡大しています。

 

BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は2015年、創立150周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。BASFは、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、BASFは科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。BASFの製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。BASFは「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。2014年の売上は約740億ユーロで、従業員数は約11 万3000人です。BASFの詳しい情報は、www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

BASF、モロッコでのアルガンプログラム開始から10周年

BASF、モロッコでのアルガンプログラム開始から10周年

Last Update 2016/01/29