2016/02/17
日本

BASF、工業用塗料事業をアクゾノーベル社に売却予定

  • BASFとアクゾノーベル社が基本合意
  • 自動車用塗料事業におけるリーディングポジションを継続して拡大

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)とアクゾノーベル社(本社:オランダ アムステルダム)は、BASFコーティングス事業本部の工業用塗料事業をアクゾノーベルに4億7,500万ユーロで売却することについて基本合意に至りました。この取引には、ディーサイド(英国)とバンダービールパーク(南アフリカ)にある2つの製造拠点、技術、特許および商標が含まれる予定です。BASFとアクゾノーベルは今後調印に向けて詳細を詰め、従業員代表者との協議および関係当局による承認を経て、2016年末までに取引の完了を予定しています。

BASFのコーティングス事業本部における工業用塗料事業は2015年に3億ユーロの売上を達成しました。コイル、パネルコーティング、壁紙用、風力向けおよび一般産業、商業輸送を含む多数の最終消費材向けに製品を供給しています。「過去数年間にわたり私たちは魅力的な市場分野に注力してグローバルな工業用塗料事業を展開し、成功を収めてきました。今後は工業用塗料事業におけるリーディンググローバルプレーヤーであるアクゾノーベルのもと、同事業をさらに発展させていくことができる可能性を見出しています」と、BASFコーティングス事業本部プレジデントのマーカス・カミースは述べています。この取引によりBASFは、中核をなす自動車用OEM塗料と自動車補修用塗料事業のみならず、ブラジルでのSuvinil® ブランドの卓越した装飾用塗料にさらに注力していく予定です。

 

BASF のコーティングス事業本部について

BASFのコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、工業用塗料、建築用塗料、およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。BASFは、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋に拠点があります。広範なネットワークを通じて、世界中のお客様と緊密に連携しています。2014年におけるBASFコーティングス事業部の世界の売上高は30億ユーロでした。BASFコーティングスの詳細情報はwww.basf-coatings.com(英語)、www.basf.co.jp/coatings (日本語)をご覧ください。

 

BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は2015年、創立150周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。BASFは、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、BASFは科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。BASFの製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。BASFは「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。2014年の売上は約740億ユーロで、従業員数は約11 万3000人です。BASFの詳しい情報は、 www.basf.com(英語)、 newsroom.basf.com(英語)、 www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

P-16-130

Last Update 2016/02/17