TOP
2018/03/05
日本

BASF、世界プラスチック協会のメンバーに

(この資料は BASF本社(ドイツ)が 2018年2月15日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。)

  • 世界規模の業界の取り組みに参加
  • プラスチックの責任ある利用を共同で推進

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、世界的な組織である世界プラスチック協会(World Plastics Council、以下WPC)のメンバーになりました。WPCにはプラスチック業界の主要なリーダーが参加しており、プラスチックの責任ある利用、効率的な廃棄物管理、海洋ごみ問題の解決など、業界の取り組みが世界規模で推進されています。

BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部プレジデントのライマー・ヤーンは次のように述べています。「持続可能な方法で事業を展開することはBASFの戦略において不可欠な要素であり、私たちが創立当初から抱いてきた中心的な考え方です。たとえば、ある工場から排出された副産物を別の工場で原材料として使用すれば、廃棄物の発生を抑えると同時に効率を上げられます。このフェアブントの理念は、BASFのアイデンティティの一部になっています。」また、ヤーンはアラブ首長国連邦のドバイで開催されたWPCの2017年総会にBASFの代表として出席し、次のように語りました。「私たちは世界的な問題への対処のほか、バリューチェーン全体を対象とする取り組みにも参加しています。プラスチックペレットの環境への漏出を防止することを目的とした国際的なプロダクト・スチュワードシップ・プログラム、Operation Clean Sweep®もその一例です。WPCに参加することで、持続可能な未来を実現する世界を作り、すべての人々の生活の質を向上させる活動に、より一層注力できるようになります。」

Petrochemicals SABICの取締役副社長であり、WPCの会長を務めるアブドラフマン・アルファジ氏は、プラスチック業界および社会に持続可能な成果をもたらすためにWPCがグローバルに行っている取り組みを支援する新しいメンバーとしてBASFを歓迎し、次のように述べています。「この業界では2011年から、『Declaration of the Global Plastics Associations for Solutions on Marine Litter(海洋ごみ問題解決のための世界プラスチック業界団体による宣言)』の下、世界中の海洋ごみについて調査し、ごみの発生を防止するための数々の取り組みが共同で進められており、この活動には35か国、70のプラスチック業界団体が署名しています。」WPCの最新のレポートには、進行中のプロジェクトも含め、世界のさまざまな地域のプロジェクトが260件記載されています。

またBASFは、より持続可能で循環型かつ資源効率的な経済の実現に向けて取り組むWPCの会員団体American Chemistry Council(米国化学協会)と、PlasticsEurope(欧州プラスチック製品工業協会)のメンバーでもあります。WPCは国や地域を対象に活動するプラスチック協会とは異なり、世界または少なくとも複数の地域で解決策が必要な問題に焦点を置いています。BASFのようにあらゆる市場で事業を行っている企業は、こうした幅広い活動をすべての地域で実施し、循環型の経済や汚染低減の実現に貢献することができます。

循環経済の分野におけるBASFの取り組みについて(英語):
https://www.basf.com/en/company/sustainability/management-and-instruments/circular-economy.html

BASF Plasticsについて(英語):
https://www.plasticsportal.net/wa/plastics~en_GB/portal

プラスチック業界による海洋ごみ問題関連の取り組みについて(英語):
https://www.marinelittersolutions.com
http://www.opcleansweep.eu/

World Plastics Councilについて(英語):
https://www.worldplasticscouncil.org/

※このプレスリリースの内容および解釈については英語のオリジナルが優先されます。

 

BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く、世界をリードする化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の3つを同時に果たしています。また、全世界で115,000人以上の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。製品ポートフォリオは化学品、高性能製品、機能性材料、農業関連製品、石油・ガスの5つの事業部門から成ります。2017年のBASFの売上高は約645億ユーロでした。BASFは、フランクフルト(BAS)、ロンドン(BFA)およびチューリッヒ(BAS)の証券取引所に上場しています。BASFの詳しい情報は、www.basf.com(英語)をご覧ください。

P-18-107

News Release

News Release

Last Update 2018/03/05