Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

Trade News  |  2020年11月19日
日本

自動車内装の質の高い表面を可能にするUltramid®を発表


この資料は BASF本社(ドイツ)が 2020年10月6日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。
  • 目に見える部品の表面の質を高めると同時に低VOCを実現する次世代の構造材料
  • 塗装が不要なため、部品の製造プロセスを短縮

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、自動車の内装に独特の外観を与える、高品質かつ魅力的な次世代の表面強化用構造材料として、Ultramid® B3E2G6 SI BK23353とUltramid® B3E2G10 SI BK23353を開発し、発表しました。ポリアミド6をベースとしたガラス繊維強化タイプのこの2種類は、VOC超低排出で紫外線安定性が高く、自動車内装の目に見える機能部品での使用に最適です。BASFでは2017年に光沢と耐久性を兼ね備えた自動車内装用の特殊ポリアミド、Ultramid® Deep Glossを市場投入しています。

自動運転、エレクトロモビリティ、サステナビリティ、軽量設計、エネルギー効率など、自動車業界に影響を及ぼすトレンドは数多くあります。また、設計者や開発者が内装に重点を置くようになってきており、四輪車での快適な空間の追求がますます加速しています。そのため、部品の手触りや視覚的要素が、これまで以上に重要になってきました。これともない、BASFは、際立つ見た目の内装を実現する高品質かつ魅力的な表面用の革新的な材料を開発しました。

BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部の製品開発者、ライナー・ザルターは、次のように述べています。「質の高い表面を実現する自動車内装の機能部品向けのSIグレードが新たに開発されたことで、既存の製品群に新たなソリューションが追加されました。平滑な表面、マットな表面、シボ表面を持つ構造部品が、ひとつの工程で製造できます。表面品質を向上させるために、部品に塗装を施す必要はありません。」一般的な材料の表面でよく見られる、ガラス繊維の浮きは、新たなSIグレードを使用することでほぼ抑えられます。ガラス繊維の添加量を変えることで、中程度の剛性、あるいは超高剛性の部品を製造することが可能です。

数多くの用途に使える新材料

Ultramid® B3E2G6 SI BK23353とUltramid® B3E2G10 SI BK23353は、換気ラメラやステアリングコラムレバー、アームレスト、カップホルダー、ドアハンドルにも適しています。Ultramid®の優れた材料特性により、非常に長期の使用が可能です。また、今回発表する新材料は市販の洗浄剤の影響を受けないため、「シェアードモビリティ」の人気の高まりで、頻繁に行われる業者による車内清掃にも対応できる、非常に重要な特性を有していると言えます。

BASFパフォーマンスマテリアルズ事業本部のインテリアマーケティングマネージャーであるラグナル・ストールは、「研究開発における当社の専門知識により、内装における多用途材料への需要の高まりに対応し、車におけるデザイン性や雰囲気をより重視するトレンドをサポートしていけます。設計者や自動車メーカーからの要求は常に増大していますが、私たちは当社製品で、どの用途に対しても、適切なソリューションを提供するよう心がけています」と述べています。

※このプレスリリースの内容および解釈については英語のオリジナルが優先されます。

                                                                      

■BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部について

BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部は、材料のノウハウを一つに融合し、革新的でカスタマイズされたプラスチック関連製品とサービスを提供します。本事業部はトランスポーテーション、建築・建設、インダストリアルアプリケーション、消費財という4つの主要産業部門で世界的に事業を展開しており、強力な製品・サービスポートフォリオを備え、アプリケーション志向のシステムソリューションを深く理解しています。収益性と成長を促進させている主な要素は、お客様との緊密な連携と、明確なソリューション重視の姿勢です。研究開発の点でも高い能力を有しており、それが革新的な製品やアプリケーションを開発する基盤となっています。2019年、パフォーマンスマテリアルズ事業本部は、世界で60.6億ユーロの売上高を達成しました。詳細に関しては、www.plastics.basf.comをご覧ください。

 

■BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の3つを同時に果たしています。また、全世界で117,000 人以上の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2019年のBASFの売上高は590億ユーロでした。BASF株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASFの詳しい情報は、http://www.basf.comをご覧ください。

 

P-20-321

 

The haptics and visual appearance of components in the car interior are becoming even more important. BASF is presenting innovative materials for premium and appealing surfaces to give the interior a distinctive look. With Ultramid® B3E2G6 SI BK23353 (Image left) and Ultramid® B3E2G10 SI BK23353 a new generation of surface-improved structural materials is now available. Compared to standard material (Image right), the glass fiber reinforced types based on polyamide 6 impress with very low emission values and good UV stability and are therefore ideally suited for the use in functional visible parts in the interior.
自動車内装の質の高い表面を可能にするUltramid®
Last Update 2020年11月19日