Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

Trade News  |  2021年10月13日
日本

BASF、2021~2022年の自動車のカラートレンド予測を発表:テーマは「無限のバリエーション」


この資料はBASF本社(ドイツ)が2021年10月13日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。
 
  • 無限のデザイン言語を解き放つ
  • 直線性よりも同時性 – 新たな多様性を提示するカラーコレクション
  • サステナビリティと機能性へのニーズの高まりに配慮

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、2021~2022年の自動車のカラートレンド予測を発表しました。

BASFのコーティングス事業本部のデザイナーたちは、新たな色域を追求し、2021‐2022年の自動車カラートレンドコレクションを作成しました。今年のコレクション名は、「SUPERPOSITIONスーパーポジション(重ね合わせ)」です。重ね合わせとは、量子力学の現象の一つであり、二進法の限界を越えた状態です。

物事は白か黒か、コインの表か裏か、1か0かだけでは語れません。この世の中には数え切れないほどのバリエーションが存在しており、今回のコレクションはそうしたバリエーションを堪能できる内容となっています。遊び心と真面目さ、快適さと不快さ、明快と混沌などを同時に表現できる、無限のデザイン言語から生まれた色です。

EMEA – 目を見張るような示唆に富んだ色 

欧州、中東、アフリカ(EMEA)向けにデザインされたカラーは、慣れ親しんだ色域を含みますが、そこに新たなエフェクト、微妙な色のグラデーションや特殊なきらめきを加え、従来とは異なる色にデザインしました。グレーは見る角度によって色味が変わります。ブルーは明るく反射的な色で表面を構成します。

「このような今までにない、考えさせるような色こそ、私たちの知覚を揺さぶる複雑な色調の重ね合わせなのです」と、EMEAの自動車向けカラーデザイン責任者であるマーク・グートヤールは述べています。

アジア太平洋 – 力を蓄え、今後を考える

アジア太平洋地域では、社会的な変化が2021年最大のトレンドとなりました。多くの人が、英気を養い、今後のことを考え、将来のためのエネルギーを蓄えることに時間を費やしました。

過去の画一的な思想、製品、材料から離れて、柔軟性と自由が生まれました。人だけでなく、製品や材料も含め、すべての人やすべてのものが受け入れられるべき時がきました。あらゆることが柔軟になれるのです。

「アジア太平洋地域のキーカラーは、春のエキサイティングな色合いと、前向きな希望を連想させる明るくクリーンな色で溢れています」と、アジア太平洋のデザイン責任者、松原千春は述べています。

北米 – バランスというコンセプト

北米における今後のカラーデザインは、人間の不屈の精神に通じるバランスというコンセプトに基づいています。この色域の土台となっているものは、楽観主義とレジリエンスであり、困難に直面しても前に進む人類の可能性を示しています。

「私たちは自然界と人工的な世界の均衡を見出し、落ち着きのある、揺るぎない、示唆に富む色を作り出しました。これらの色は、二進法では語れない様々なレベルで作用する、ユニークな感覚に見る人を引き込みます」と、南北アメリカのデザイン責任者であるポール・チョーニーは述べています。

コーティングス事業本部の色に対する専門性

BASFコーティング事業本部のデザイナーたちは毎年、将来のトレンドを研究し、それをもとに表面、テクスチャー、色域を開発しています。デザイナーたちは産業界やファッション、消費者製品、自然などからインスピレーションを得ています。この研究内容が、BASFのお客様である自動車デザイナーの方々と共有され、将来の量産計画を後押ししています。

詳しくは、こちらhttps://on.basf.com/2021presskitJPのプレスキットをご覧ください。写真は、こちらhttps://on.basf.com/2021photoJPからダウンロードいただけます。

※このプレスリリースの内容および解釈については英語のオリジナルが優先されます。

 

■BASFのコーティングス事業本部について

BASFのコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、装飾用塗料、メタル、プラスチック、ガラス基板など幅広い産業での表面処理およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。これらのポートフォリオは、新しい市場や事業開発を目指すInnovation Beyond Paint(塗料を超えたイノベーション)プログラムによって提供してまいります。私たちは、先進的なパフォーマンス・ソリューションを創造し、世界中のパートナーのニーズを満たすために、パフォーマンス、デザイン、新しいアプリケーションを推進しています。BASFは、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋地域の拠点のネットワークを活用することで、お客様の利益のために、専門的でグローバルなチームのスキル、知識、リソースを提供しています。2020年におけるBASFコーティングス事業本部の世界の売上高は約31億ユーロでした。

Solutions beyond your imagination(想像をはるかに超えたソリューション)。BASFコーティングスの詳細情報はwww.basf-coatings.com(英語)をご覧ください。

 

■BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の 3 つを同時に果たしています。また、全世界で110,000 人以上の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2020 年の BASF の売上高は590 億ユーロでした。BASF 株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASF の詳しい情報は、http://www.basf.com をご覧ください。

 

Automotive Color Trends 2021-2022 – SUPERPOSITION
BASF自動車カラートレンド予測 SUPERPOSITION(スーパーポジション)
20211013_アジア太平洋地域 キーカラー メビウス1.JPG

アジア太平洋地域 キーカラー メビウス1
20211013_アジア太平洋地域 キーカラー メビウス2.JPG

アジア太平洋地域 キーカラー メビウス2
20211013_中国 キーカラー ノーイング イグノランス1.JPG

中国 キーカラー ノーイング イグノランス1
20211013_中国 キーカラー ノーイング イグノランス2.JPG

中国 キーカラー ノーイング イグノランス2
PowerPoint-Präsentation
Presskit - BASF Color Trends 2021-22 SUPERPOSITION    
Last Update 2021年10月13日