Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

2022年9月15日
日本

BASF、2022-2023年の自動車のカラートレンド予測を発表: テーマは「New Array」(新しい様式)

この資料は BASF本社(ドイツ)が 2022年9月14日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが 日本語に翻訳・編集したものです。

 

  • 境界に位置する空間を模索

  • 人々の心に変化が起こり、新しい価値観を形成

  • サステナビリティと機能性に対するニーズの高まりを考慮

 

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、2022-2023 年の自動車のカラートレンド予測を発表しました。

BASFのコーティングス事業本部のデザイナーたちは毎年、世界中の自動車デザイナーのインスピレーションとなるコレクションを生み出しています。2023年の「NEW ARRAY」(新しい様式)コレクションは、今まで以上にサステナビリティと機能性に注目しつつ、 新しく刺激的なカラースペースに移行する革新的な色合いを提供します。

コレクションタイトルの「NEW ARRAY」(新しい様式)は、価値の順序を並べ替えて新たなニーズに対応するための、よく考えられたプロセスを意味しています。エスカレーターに乗ることを考えてみてください。前にも次にも属さない、その中間にあるリミナル(境界に位置する)な空間へ連れて行ってくれる移動手段です。このコレクションは、リミナル(境界に位置する)な空間にありながら、モビリティの未来を見据えています。

 

EMEA – 可能性の扉を開く

欧州、中東、アフリカ(EMEA)のカラーは、目に鮮やかな新しい顔料が生み出す高彩度によって、美しく強烈な色合いを実現します。ダークなトーンはきめ細かくなめらかであり、無彩色の色合いは、かすかな色情報を加えることでバーチャルな雰囲気を作り出します。そして醸し出されるエフェクトによって、アイデアや視覚的な印象をサポートします。

EMEAの自動車向けカラーデザイン責任者であるマーク・グートヤールは、次のように述べています。「独自性のみならず、多様なカラーポジションや効果によって、ユニークな個性をほのかに広げる方法にも、アイデンティティが示されています。」

 

アジア太平洋地域 – リミナル(境界に位置する)な空間に立つ

リミナル(境界に位置する)な空間に立つアジア太平洋地域のカラーは、快適さ、幸福感、スパイス、そして、拡大して重要になりつつある、人間の個性を反映した解決策を与えてくれます。さらに、人それぞれが独自の物語で、穏やかに、活発に生きることを表現しています。

アジア太平洋のデザイン責任者、松原千春は次のように述べています。「アジア太平洋地域のカラーは、ポジティブで現実的な未来を形作ります。社会的なプレッシャーから解放されてカラフルなアイデンティティを持った、自分だけのストーリーを描いてくれます。」

 

米州 – 進化のビジョン

洗練された外観と魅力的な効果を失うことなく、まったく異なる美的感覚に移行するかどうか、社会は方向性について頭を悩ませています。深み、質感、両立性を備えた米州のカラーによって、進化のビジョンが生まれています。自然でシンプルな表現が、個人と 
コミュニティの両方に対してリミナル(境界に位置する)な空間を受け入れるよう促しています。

米州のデザイン責任者であるリズ・ホフマンは、次のように述べています。「個人とコミュニティのアイデンティティに関連する多くの感情や条件に対処することで、人は目に見える生活の典型的な境界を超えて、癒しと受容の心を見出だすことができるのかもしれません。リミナル(境界に位置する)な不確かさを経ることで、最終的に地に足をつけることができ、未来を見通す機会が得られるでしょう。」

 

コーティングス事業本部の色に対する専門性

BASFコーティング事業本部のデザイナーたちは毎年、将来のトレンドを研究し、それをもとに表面、テクスチャー、色域を開発しています。デザイナーたちは産業界やファッション、消費者製品、自然、テクノロジーなどからインスピレーションを得ています。この研究内容が、BASFのお客様である自動車デザイナーの方々と共有され、将来の量産計画を後押ししています。

 

※このプレスリリースの内容および解釈については英語のオリジナルが優先されます。

 

■BASFのコーティングス事業本部について 

BASFのコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、装飾用塗料、メタル、プラスチック、ガラス基板など幅広い産業での表面処理およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。これらのポートフォリオは、新しい市場や事業開発を目指すInnovation Beyond Paint(塗料を超えたイノベーション)プログラムによって提供してまいります。私たちは、先進的なパフォーマンス・ソリューションを創造し、世界中のパートナーのニーズを満たすために、パフォーマンス、デザイン、新しいアプリケーションを推進しています。BASFは、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋地域の拠点のネットワークを活用することで、お客様の利益のために、専門的でグローバルなチームのスキル、知識、リソースを提供しています。2021年におけるBASFコーティングス事業本部の世界の売上高は約34億ユーロでした。 

Solutions beyond your imagination(想像をはるかに超えたソリューション)。BASFコーティングスの詳細情報はwww.basf-coatings.com (英語)をご覧ください。

 

■BASFについて 

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の3つを同時に果たしています。また、全世界で約110,000人の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2021年のBASFの売上高は786億ユーロでした。BASF株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASFの詳しい情報は、https://www.basf.com をご覧ください。

P-22-342

NEW ARRAY Automotive Color Trends 22-23 (Selection)
BASF自動車カラートレンド予測「NEW ARRAY」(新しい様式)
Key Color Asia Pacific: EFFLORESCENCE on virtual shape AUVOT Lit
アジア太平洋地域 キーカラー エフロレッセンス(開花)01
Key Color Asia Pacific: EFFLORESCENCE on virtual shape AUVOT Lit (Detail)
アジア太平洋地域 キーカラー エフロレッセンス(開花)02
Key Color EMEA: MINTED GOLD on virtual AUVOT Sportif
EMEA キーカラー ミンテッドゴールド(輝く金)01
Key Color EMEA: MINTED GOLD on virtual AUVOT Sportif (Detail)
EMEA キーカラー ミンテッドゴールド(輝く金)02
Key Color Focus China: RAN RAN on virtual AUVOT Mea
中国 キーカラー ランラン(リラックス)01
Key Color Focus Europe: GRAVATAR on virtual AUVOT 2x2
欧州のキーカラー グラヴァター (広範囲で使えるアバター)01
Key Color South America: COZY VALUES on virtual shape AUVOT Lit (Detail)
南米キーカラー コージーバリュー(心地よい価値)01
Key Color South America: COZY VALUES on virtual shape AUVOT Lit (Detail)
南米キーカラー コージーバリュー(心地よい価値)02
Last Update 2022年9月15日