2015/08/07
日本

BASF、アジア太平洋地域における自動車のカラートレンド予測を発表

  • 2015 年- 2016 年カラートレンドのテーマは「あるがままに」( RAW )
  • 視覚的に訴えるような質感が特徴
  • アジア太平洋地域では、飽和するデジタル社会の反動により、バランスのとれた 青のバリエーションが出現

BASF (本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、 2 ~ 3 年先のアジア太平洋地域を含む世界のカラートレンド予測を発表しました。これは、 BASF のコーティングス事業部の グローバルデザインチームが毎年、グローバルと各地域(アジア太平洋 / 北米 / 欧州)の 2 つの視点から時代の流れを読み解き、自動車のカラートレンドを予測しているものです。 社会のトレンドや時代の流れを自動車用の新色に落とし込み、デザイナーたちが発信しています。

BASF の 最新のカラートレンド予測のテーマは、「あるがままに」( RAW )です。本テーマは、「完璧なものや過度に表現されたものよりも、素のままの飾らないもの」や「自分自身の感覚」をより追求する価値を表現しています。また、作り手側も受け手側も、自動車の色において、今後ますますアイデンティティが重視されることを反映しています。例えば質感も、より視覚的に訴えるような粗さや滑らかさが表現されるでしょう。
 

アジア太平洋地域におけるカラートレンド

アジア太平洋地域の人々の関心は、「今、この時をいかに満足して生きるか」という「現在」にあります。自らのアイデンティティを追求し、同時に自国の文化的な本質を守り、新たな経験や知識を通じて、物事を再解釈します。 BASF でアジア太平洋地域のカラーデザインを担当するチーフデザイナーの松原千春は次のように述べています。「アジア発のデザインが世界の市場で重要視されていることで、自国の『伝統』や『アイデンティティ』にエコロジーや都市化といった現代の問題を関連付け、この地域からユニークなデザインコンセプトが誕生しています。」

アジアの消費者は未来への強い意識をもっており、地域の独自性と特徴を大切にしています。そのため、「鮮やかなオレンジ」や「強い色合いの青紫」が、彼らの前向きな姿勢や自信を反映します。高彩度の青色など、青のバリエーションも、アジアでますます人気の高まるコンパクトカーや小型 SUV でも注目されていきます。特にインドでは、青が主流となるでしょう。

一方、中国では、人々がアイデンティティや豊かな暮らしを求めるなか、「生活の質」がキーワードになっています。そのため、スタイリッシュなデザインと素材を用いた洗練された鮮やかな色が、消費経験を積んできた中国の消費者の心を掴むでしょう。具体的には、ワインレッドのような新しいクラシックカラーが若者の間で好まれるでしょう。また、質感を抑えた明るいオレンジ色はアクティブな人たちに好まれるでしょう。全般的に、さまざまな色の質感に対する関心が高まっています。
 

デジタル社会が世界的なカラートレンドに影響

デジタル社会は私たちの消費と生活のスタイルを劇的に変えています。将来、「モノのインターネット」により、私たちはあらゆる環境で常に対話することとなるでしょう。現代社会において、人々は 24 時間、 365 日デジタル社会にさらされています。そのため、あふれる情報の中から物事の本質を見極め、原点に立ち返り、バランスのとれた生活が必要です。アジアの自動車市場においては、このようなニーズが自動車のカラー選択に影響しています。

「アジア太平洋地域では、依然として、温かみのあるグレーやブラウンなどの感情を表すような色味がトレンドですが、このようなデジタル社会の影響でより論理的で現実的な価値観が注目され、知的な印象の青色の領域に具現化されてくるでしょう」と松原はさらに付け加えています。

 


BASF のコーティングス事業本部について
BASF のコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、工業用塗料、建築用塗料、およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。 BASF は、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋に拠点があります。広範なネットワークを通じて、世界中のお客様と緊密に連携しています。 2014 年における BASF コーティングス事業部の世界の売上高は 30 億ユーロでした。 BASF コーティングスの詳細情報は www.basf-coatings.com (英語)、 www.basf.co.jp/coatings ( 日本語 ) をご覧ください。


BASF について
BASF (ビーエーエスエフ)は 2015 年、創立 150 周年を迎え、これまで以上に化学でいい関係をつくっていきます。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。 BASF は、世界をリードする化学会社として、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、 BASF は科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。 BASF の製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。 BASF は「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2014 年の売上は約 740 億ユーロで、従業員数は約 11 万 3000 人です。 www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。

今年のテーマ「RAWーあるがままにー」

今年のテーマ「RAWーあるがままにー」

グローバル共通テーマ(1) 感覚に従う

グローバル共通テーマ(1) 感覚に従う

グローバル共通テーマ(2) 技術と生命の融合

グローバル共通テーマ(2) 技術と生命の融合

グローバル共通テーマ(3) 過剰なものへの反動

グローバル共通テーマ(3) 過剰なものへの反動

地域別テーマ アジア太平洋 ― 自己実現

地域別テーマ アジア太平洋 ― 自己実現

地域別テーマ ヨーロッパ ― 価値の再定義

地域別テーマ ヨーロッパ ― 価値の再定義

地域別テーマ 北米 ― 活力

地域別テーマ 北米 ― 活力

Last Update 2018/11/27