Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

2021年7月2日
日本

BASFのElastopir®、UNITED PANEL-SYSTEM のCOVID-19ワクチン保管設備用断熱パネルに採用

この資料は、BASFが 2021年6月4日にマレーシアで発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。

 

  • -70°Cの超低温で、ワクチンを確実に安定した状態に保つ設備
  •  Elastopir®が、設備の温度安定性とエネルギー効率の向上に貢献

 

BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、断熱パネルおよび商業・産業用冷蔵システムメーカーである UNITED PANEL-SYSTEM (M) SDN. BHD.社(ユナイテッドパネルシステム、本社:マレーシア、以下UR)が、高品質ポリウレタンフォーム断熱ソリューションであるElastopir®(エラストピア) PH 1132/509/0を使用した、COVID-19ワクチン物流設備を製造していることを発表しました。

「ワクチンの効力を維持するためには、-70°Cから+8°Cまでの超低温で保存する必要があり、冷蔵設備への信頼性が非常に重要です。高い断熱性をもつBASFのElastopir®ソリューションと、URの業務用冷蔵システムに関する確かな技術と専門知識により、COVID-19ワクチンの高品質な保管設備をアジア地域のお客様に提供することができました」とURのDato Sri Dr. Bee Loh(ビー・ロー)氏は述べています。

さらに、BASFのElastopir®は、サステナビリティにも大きく貢献します。Elastopir® PH 1132/509/0は、地球温暖化とオゾン層への影響が少ないn-ペンタンフォームで、電力消費量の削減や施設のエネルギー効率向上にも役立ちます。これは、電力供給が困難なアジアの多くの地域においては、重要な要素です。

「Elastopir®が、様々な地域においてCOVID-19ワクチンプログラムに貢献していることは励みになります。URとの協業は、“go beyond” というBASFの精神を改めて示すものです」と、BASFパフォーマンスマテリアルズ事業本部 アジア太平洋地域のバイスプレジデント、アンディ・ポスルスウェイトは述べています。

Elastopir®は優れた防火特性を有しており、こうした施設を火災から保護します。また最近では、インドのパンデミック下で急を要している病床数増加をサポートするため、Rinac India Limited社(リナック・インディア、本社:インド)の移動式医療集中治療室(ICU)設備の製造にも使用されています。

Elastopir®の詳しい情報はElastopir® (basf.com) をご覧ください。

※このプレスリリースの内容および解釈については英語のオリジナルが優先されます。

 

UNITED PANEL-SYSTEM (M) SDN. BHD.について

UNITED PANEL-SYSTEM (M) SDN. BHD.は、ASEAN最大のパネル・冷蔵システムメーカーです。最先端の設備や専門的な知見を結集して、様々な国のお客様や政府機関をサポートし、COVID-19パンデミックによる負担を軽減しています。冷蔵システムは、ワクチンや食品、日用品の保管に不可欠です。URの製品が取得している、グローバルな承認基準(FM Approval等)と、BASFの信頼性あるサポートにより、パンデミックにおける大きな需要に応えるべく、高品質な冷凍設備を短期間で構築しています。URは、各種公的機関、BASF、そしてお客様に感謝しています。詳細に関しては、http://www.ur.com.my/ をご覧ください。

 

■BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部について

BASFのパフォーマンスマテリアルズ事業本部は、材料のノウハウを一つに融合し、革新的でカスタマイズされたプラスチック関連製品とサービスを提供します。本事業部はトランスポーテーション、建築・建設、インダストリアルアプリケーション、消費財という4つの主要産業部門で世界的に事業を展開しており、強力な製品・サービスポートフォリオを備え、アプリケーション志向のシステムソリューションを深く理解しています。収益性と成長を促進させている主な要素は、お客様との緊密な連携と、明確なソリューション重視の姿勢です。研究開発の点でも高い能力を有しており、それが革新的な製品やアプリケーションを開発する基盤となっています。2020年、パフォーマンスマテリアルズ事業本部は、世界で56.3億ユーロの売上高を達成しました。詳細に関しては、www.plastics.basf.comをご覧ください。

 

■BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の 3 つを同時に果たしています。また、全世界で110,000 人以上の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2020 年の BASF の売上高は590 億ユーロでした。BASF 株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASF の詳しい情報は、http://www.basf.com をご覧ください。

 

20210702_BASFのElastopir(R)、COVID-19ワクチン保管用断熱パネルに採用.jpg
BASFのElastopir(R)、COVID-19ワクチン保管用断熱パネルに採用
Last Update 2021年7月6日