日本

水系塗料向けUVA & HALS “Tinuvin DWシリーズ”

近年の環境問題への意識の高まりからも水系化という言葉は一つのキーワードとなっています。
化学薬品を扱う塗料の分野でも環境調和、持続可能な社会への貢献など、これらの方向性に向かって行くにあたり様々な試みがされています。(例: 石化原料から再生可能原料への転換、塗装プロセスの簡略化に伴う二酸化炭素排出量の低減など)

環境負荷の大きい化学薬品 (溶剤)を使用していた部分を水に置き換える水系塗料化も顕著ですが、
機能面でどうしても溶剤系の塗料が必要になってしまったり、水系に切り替えはできても機能の面で妥協せざるを得ないというジレンマもあります。

耐候性もその一つで、これまで水系塗料においては水に溶けやすい親水性のあるUVAとHALS (例 UVA: Tinuvin 1130, HALS: Tinuvin 292など)が広く使用されてきました。(通常のグレードだと、水系になじみが悪く、混ざらない、容易に析出してしまうという可能性があります。)
一方これらには改善の余地があり、水に溶けやすい、親水性という利点から逆に雨水などで流れ出てしまうという懸念がありました。
このような背景からも水系塗料の処方に入りやすく外部環境下で効果を持続できる製品が求められてきており、それらを解決する Tinuvin DWを開発しました。
Tinuvin DWシリーズは近年お客様からも大変好評をいただき、水系塗料の耐候性アップ、広くは水系塗料の普及にも貢献しています。

水系用UVA - DWシリーズ

疎水性UVAをカプセル化

  • 溶剤フリーの水分散製品
  • 高い透明性と難溶出性
  • 水系塗料への展開
    • 良好な貯蔵安定性
    • 低粘度の液状製品
    • 攪拌のみで水系コーティング剤へ添加可能
    • 強制分散ではないので、塗膜の物性に悪影響がない

 

UVA

Tinuvin 400-DW(N)(全固形分 40wt%, UVA 20wt%)
Tinuvin 477-DW(N)(全固形分 40wt%, UVA 20wt%)
Tinuvin 479-DW(N)(全固形分 40wt%, UVA 20wt%)
Tinuvin 9945-DW(N)(全固形分 52wt%, UVA 45wt%)

 

HALS

Tinuvin 123-DW(N)(全固形分 50wt%, HALS 30wt%)
Tinuvin 249-DW(N)(全固形分 50wt%, HALS 40wt%)

製品・サンプルなどに関するお問い合わせは、以下にお願いいたします。
Tinuvin_Japan@basf.com 

なお、BASF代理店からご連絡させていただくことがありますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。