Global Home
パーソナルケア

美肌菌?常在菌?その前に大事なことはマイクロバイオームという考え方

microbiome.png

乳酸桿菌などの善玉菌を活用したスキンケア製品は肌の健康を保つために注目されています。しかし,善玉菌を増やしても悪玉菌が減るという単純な話ではありません。BASFは,個々人の常在菌の共生環境~マイクロバイオーム~を最も健康な状態に保つことが重要だと考えています。

人の肌には平均して1平方センチメートルあたり1千万個の菌が常在しています[1]。これらの菌は,私たちにとって腸内細菌と同様に重要な共生関係にあります。実際には,体内を含めると,自分の体の細胞数とほぼ同じ数の30兆個ものバクテリアが存在し,約200gの重さになります[2]。その中には悪玉菌や,肌の状態や体調によって善悪が変わる日和見菌もたくさん存在します。

肌にプレバイオティックスを使用しても,善玉菌が増えるかどうか,悪玉菌が減るかどうかは,個人の肌の状態や,化粧品の他の成分にも左右されます。効果が必ずしも保証されるわけではありません。

間違った肌のケアをしていると,常在菌のバランスが崩れトラブルの原因になることがあります。洗顔や美容液,乳液,化粧水,パックなどをいろいろ試してもうまくいかない場合は,この悪循環に陥っている可能性があります。

マイクロバイオームを最も健康な状態に保つことで,肌の本来の力で美しさと健康を得ることができます。

positive-negative.png

そのためには

1)    マイクロバイオームに影響しない乳化剤界面活性剤エモリエントポリマーなどの基剤成分

2)    善玉菌を増やし悪玉菌を減らす効果のある有効成分

の2点が大切です。BASFはこの2つの点に該当する様々な化粧品原料を取り揃えています。

 

マイクロバイオームに影響しない基剤原料

マイクロバイオームを良好に変化させる有効成分

 

ご参考:微生物関係の用語の整理

マイクロバイオームに影響しない基剤原料

バイオインフォマティックスと臨床試験ゲノム解析Shannon Diversity Indexによって確認しています。詳細はD’litE3™Xマイクロバイオームを活かして健康で美しい肌を実現する化粧品原料と処方をご覧ください。

原料商品名

主成分

Arlypon® TT(アリポン TT)

トリオレイン酸PEG/PPG-120/10トリメチロールプロパン

Cegesoft® C 24 RC (セゲソフト C 24 RC)

パルミチン酸エチルヘキシル

Cetiol® 4 All (セチオール フォー オール)

炭酸ジプロピルヘプチル

Cetiol® C 5C (セチオール C 5C)

(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル

Cetiol® CC (セチオール CC)

炭酸ジカプリリル

Cetiol® LC (セチオール LC)

(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル

Cetiol® RLF (セチオール RLF)

(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル

Cetiol® SB 45 (セチオール SB 45)

シア脂

Cetiol® Sensoft (セチオール センソフト)

カプリル酸プロピルヘプチル

Cetiol® Ultimate (セチオール アルティメット)

ウンデカン

Cosmedia® SP (コスメディア SP)

ポリアクリル酸Na

Dehymuls® PGPH (デヒムルス PGPH)

ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2

Emulgade® PL68/50 (エマルガード PL68/50)

セテアリルグルコシド

Emulgade® Verde 10 MS (エマルガード ヴェルデ 10 MS)

ステアリン酸ポリグリセリル-10

Emulgade® Verde 10 OL (エマルガード ヴェルデ 10 OL) オレイン酸ポリグリセリル-10

Eumulgin® Prisma(オイムルギン® プリスマ)

スルホコハク酸セテアリル2Na

Eumulgin® SG (オイムルギン® SG)

ステアロイルグルタミン酸Na

Lameform™ TGI (ラメフォーム TGI)

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3

Mimiskin™ (ミミスキン)

グリセリン,ステアリン酸グリセリル,セテアリルアルコール,パルミチン酸セチル,セテアレス-20,セチルリン酸K,ミリスチン酸ミリスチル,セテアレス-12

Myritol® 331 (ミリトール 331)

ココグリセリル

Plantapon® LC 7 (プランタポン LC 7)

ラウレス-7クエン酸

マイクロバイオームを良好に変化させる有効成分

善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことなどが確認されている有効成分のリスト。詳細はそれぞれのリンクからD’litE3™Xでご覧ください。

原料商品名

表示成分(有効成分)

Betapur™ A00067 (ベタプール)

ボルド葉エキス

BioToLife® (バイオトゥライフ)

酵母発酵エキス

Bix'Activ®(ビックスアクティブ)

ベニノキ種子エキス
Epispot™ BC10208(エピスポット) ヤナギラン花/葉/茎エキス

PatcH2O® A00297(パッチツーオー)

グリセリン,トレハロース,尿素,セリン,アルギン酸Na,ヒアルロン酸Na,プルラン

Phytosoothe™ LS9766 (ファイトスース)

アブラナステロールズ

Puricare™ LS9658(ピュリケア)

ワサビノキ種子エキス

Purisoft® PW PSE LS9836(ピュリソフト PW PSE)

ワサビノキ種子エキス

Relipidium® BC10096(レリピディウム)

加水分解酵母タンパク

Scalposine™ BC10101(スカルポシン)

サルコシン