Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

日本

カラーデザインについて

これから3年から5年で、道路にはどのような色が広がっているでしょうか?BASFのデザインチームは、トレンドリサーチの専門知識と、大胆でユニークな色のデザインと創造を通じて、自動車メーカーのお客様にこのようなビジョンを提供しています。

 

色は、自動車の第一印象を決定づける重要かつ戦略的な要素です。車の形状や自動車メーカーのブランドイメージに注目を集めます。車に適した色があるかどうかは、潜在的な購入者の判断を左右することもあります。

車の色をデザインすることは、やりがいのあることです。色相、彩度、テクスチャー、表面、メタリックやパールエフェクトなどが複雑に絡み合っているからです。BASFのカラーデザイナーは、自動車の将来の外観を決定するトレンド指標を常に追い、非常に要求の厳しい市場のために魅力的な色を生み出しています。BASFのカラーにおける世界的なリーダーシップは、自動車デザイナーに最先端の情報をお届けし、お客様が求めるものを提供し、競争の先を行くことを可能にします。

 

Mark Gutjahr

"フューチャリストとして、私たちは製品としての車のアイデアを再考し、新しい技術や新しいモビリティコンセプトのためのドライビングカラーを提供します。"

マーク・グートヤール
EMEAデザイン責任者
Chiharu Matsuhara

“ライフスタイルや移動パターンは急速に変化しています。特に若い人たちは、自分の生活にもっと色を求めています。"

松原千春

アジア・パシフィック

デザイン責任者

Paul Czornij

“私たちは、一目で 「これが私だ」と言ってもらえるような、すべてのドライバーのために表現力豊かな色を作っています“

ポール・チョーニー

南北アメリカ

デザイン責任者