TOP
Trade News  |  2019/04/18
日本

Joint News Release

菊水とBASF、建物の外観の耐久性と美観維持に寄与する建築用塗料の重要性を共同ブランディングで訴求

  • 塗料の耐久性の重要性を共同ブランディングで訴求
  • BASFの光安定剤 「Tinuvin®」を配合した専用樹脂が、菊水化学工業の水系ファインコートシリコンを、塗膜劣化の原因となる紫外線から保護
  • 耐久性に優れた塗料により、外観を維持しながら住宅の長寿命化を実現

 

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、社長:石田博基、以下BASF)と    菊水化学工業株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:山口 均、以下 菊水化学)は、4月より、建築用塗料における耐久性の重要性認知向上のための共同ブランディングを開始します。この取り組みは、高性能樹脂の共同開発に成功し、菊水化学が   製造販売する、高耐候性アクリルシリコン樹脂塗料 「水系ファインコートシリコン」を  通じて実施します。

BASFが開発・供給する、コアシェル技術を活用した、多層構造のポリマー粒子からなるアクリルディスパージョンに、紫外線による経年劣化を防ぐBASFの光安定剤「Tinuvin®(チヌビン)」を配合した専用樹脂を採用したことで、「水系ファインコートシリコン」は、建物の長期にわたる美観維持に寄与します。

菊水化学工業 代表取締役社長 山口 均は、「当社は、光安定剤の世界的先駆者であるBASFと提携し、より長い耐久性を備えた高性能水性塗料を開発できたことを非常にうれしく思います。この水性塗料は、建築物の期待耐用年数を、一般的なシリコン樹脂塗料の10~12年から12~16年へと効果的に延長することができます。日本においては、住民の高齢化や空室問題などで、マンションの大規模修繕費用の不足が課題となっており、延長により、日本の不動産管理会社や住宅所有者にとって環境に優しく、コスト削減につながるソリューションとなります」と述べています。

外壁塗装は、建物を保護するために施されています。しかし、日光、雨、ほこり、風に直接さらされることで、一部の塗料は徐々に割れてはがれ、時間の経過とともに保護機能を失います。菊水化学の水系ファインコートシリコンに使用されるTinuvin®ヒンダードアミン系光安定剤(HALS:ハルス)は、有害な紫外線から塗膜を保護し、光沢低下、ひび割れ、チョーキング (白亜化)のような塗膜劣化を最小化します。

「私たちは、この素晴らしい菊水化学製品の開発において、重要な役割を果たしたことを誇りに思います」と、BASFジャパン 副社長執行役員 窪田浩三は述べています。「この協業を通じて、建築物の長寿命化を実現する効果的な方法の一つとして、建築塗料の耐久性にTinuvin®が貢献していることを広く認識してもらいたいと考えています。また、共同ブランディングによって、菊水化学のお客様に新たな選択肢を提供することができればうれしく思います。」

山口 均は、「おかげさまで、当社は2019年5月に創業60年を迎えます。この特別な節目にBASFとより強い関係性を築くことができうれしく思います。この連携は、日本の塗料業界における私たちのポジションを強化するだけではありません。Tinuvin®がもたらすメリットは、塗装業者、デザイナー、さらには住宅所有者などのエンドユーザーの皆さまにも自信を持って提案する事ができます」と述べています。

窪田浩三は、「BASFの持つ高い技術力を活かし、今後も、弊社の尼崎研究開発センターならびに三重県四日市のアクリルディスパージョン生産拠点で、菊水化学と密接に連携しながら、日本のお客様のために、より革新的かつ持続可能な塗料ソリューションの開発に取り組んでいきます」と述べています。

環境に配慮した水性塗料のパイオニアとして、菊水化学は2018年に「水系ファインコートシリコン」の改良を行いました。2019年4月より、順次BASFロゴと光安定剤Tinuvin®の使用を示した「水系ファインコートシリコン」の製品パッケージやパンフレットを展開していきます。また、パッケージには塗料の耐久性に寄与するTinuvin®のメカニズムなどを紹介したウェブサイトのQRコードを表示し、ユーザーの理解を促進します。

 

BASFの塗料向けのTinuvin®に関するウェブサイトはこちらをご覧ください。https://www.basf.com/jp/ja/products/paint-coating-industry/tinuvin.html

 

 

菊水化学工業について

菊水化学工業は、昭和34年(1959年)に設立。創業以来、環境に配慮した無機、水系に拘った製品開発に努め、下地から仕上げまでをトータルコーディネイトできる業界唯一の総合塗料メーカーです。名古屋証券取引所及び東京証券取引所二部上場、本社を愛知県名古屋市に構え、 資本金19億7,273万 従業員439名 売上高207億1,858万円 (2018年3月連結)です。菊水化学工業の詳しい情報はhttp://www.kikusui-chem.co.jpをご覧ください。

 

BASFについて

BASF(ビーエーエスエフ)は、ドイツ ルートヴィッヒスハーフェンに本社を置く総合化学会社です。持続可能な将来のために化学でいい関係をつくることを企業目的とし、環境保護と社会的責任の追及、経済的な成功の3つを同時に果たしています。また、全世界で約122,000人の社員を有し、世界中のほぼすべての産業に関わるお客様に貢献できるよう努めています。ポートフォリオは、6つの事業セグメント(ケミカル、マテリアル、インダストリアル・ソリューション、サーフェステクノロジー、ニュートリション&ケア、アグロソリューション)から成ります。2018年のBASFの売上高は約630億ユーロでした。BASF株式はフランクフルト証券取引所(BAS)に上場しているほか、米国預託証券(BASFY)として取引されています。BASFの詳しい情報は、www.basf.comをご覧ください。

Last Update 2019/04/17