Cookies help us deliver our services. By using our services, you agree to our use of cookies. Learn more

日本

エコ効率分析

エコ効率分析の目的は、経済と生態系を調和させることです。これには、トータルコストの決定や、ライフサイクル全体での生態系への影響の計算を含む、代替ソリューションの総合的な調査を実施することが含まれます。

エコ効率分析では、製品の費用対効果に応じた環境への影響を分析します。これは、BASF、BASFのお客様、さらにはお客様のお客様が、どの製品が環境的にも、経済的にも最良の選択であるかを判断するのに役立ちます。また、エコ効率分析は、環境負荷とコストの改善にも活用できます。

BASFは1996年にこの包括的な手法を確立しましたが、化学業界ではこうした手法を最初に確立させた企業の1つです。エコ効率分析は、直近では2016年にNSFインターナショナルによって検証が行われており、環境ライフサイクルアセスメントに関するISO 14040:2006および14044:2006に準拠しています。ライフサイクルコストの評価と総合的なエコ効率の算出は、ISO 14045:2012に基づいて行われます。

例えば、エコ効率分析を適用し、エネルギーや資源を削減する事により、バリューチェーンにおけるお客様の持続可能な発展を支援することができます。

包括的なライフサイクルアプローチ

エコ効率分析は、原材料の調達、製品の製造および使用、廃棄またはリサイクルを含む評価から、総合的なアプローチで製品のライフサイクルや製造工程を比較します。例えば、BASFが使用している製品の環境負荷だけでなく、他社が製造している出発原料の環境負荷も含まれます。この分析では、エンドユーザーの消費行動や、様々なリサイクル・廃棄の選択肢も考慮されます。最近のエコ効率分析において、BASFと軟包装業界のコンバーティングソリューションのComexi社は、どのラミネート接着技術が最もエコ効率が高いかを調査したいと考えました。そこで、溶剤型ポリウレタン(SB)、無溶剤型ポリウレタン(SL)、水性ポリウレタン(WB-PU)、水性アクリル(WB-A)のラミネート接着剤を、前述のエコ効率手法で分析・比較しました。お客様の利益を実現するにはどのくらいのエネルギーが必要か? どんな排出物や廃棄物が発生するのか? また、パッケージのパラメータとコストはどのくらいか? こうした質問は、どの製品がお客様のニーズを最も満たし、どの製品が最も環境効率の高いソリューションを提供しているかを判断するのに役立ちます。

Line chart for environmental fingerprint
環境フィンガープリント

エコ効率分析とは?

第一に、さまざまなカテゴリーに基づいて環境への影響を評価します。

  • 原材料の消費(資源枯渇)
  • 水消費量(水使用量)
  • 土地利用(土地利用)
  • ヒト毒性の可能性(毒性)
  • 富栄養化(Eutrophic. fr, Eutrophic. mar)
  • 酸性化(AP)
  • オゾン層破壊(ODP)
  • 光化学オゾン生成(POCP)
  • 気候変動(GWP)

これらの個々のデータを統合することで、製品やプロセスの環境への影響を総合的に把握することができます。経済データも集計されます。製品を製造または使用する際に発生する、さまざまなコストがすべて計算に含まれます。経済分析と総合的な環境への影響が、エコ効率の比較に使用されます。.

経済と生態系のデータを、エコ効率ポートフォリオでプロットします。横軸はコスト、縦軸は環境負荷を示しています。このグラフにより、他の製品やプロセスと比較した、製品やプロセスのエコ効率が明らかになります。エコ効率分析は戦略的意思決定に活用されるため、将来を見据えることができ、潜在的な生態学的および経済的な改善点を検出し、活用するのにも役立ちます。

Chart showing Environmental Impact by economic impact
エコ効率ポートフォリオとエコ効率インデックス

BASFのエコ効率分析は、生態学的評価に関するDIN EN ISO 14040および14044に準拠しています。経済的評価とエコ効率分析は、2012年以降、ISO 14045に基づいて行われています。

BASFのエコ効率分析の手法は、最近では2019年にNSF(米国)によって検証されています。

BASFのエコ効率分析は、製品のサステナビリティの推進要因を特定するのに役立ちます。

Ökoeffizienz-Analyse.PNG
The BASF Eco-Efficiency Analysis
The BASF Eco-Efficiency Analysis
eco-efficiency_EN_02.PNG